Green Coopロゴ
Baby Green

グリーンコープの
離乳食、誕生します。

子どもに食べさせるものは
安心・安全でありたい

「グリーンコープの離乳食」を求める声がこれまでたくさん寄せられてきました。
そのご要望に応え、グリーンコープの離乳食「大地からのおくりもの BabyGreen」が、いよいよ2024年8月に登場予定です。
大切な赤ちゃんの笑顔と健やかな成長の一助となるグリーンコープの離乳食。
その登場まで、もう少しだけお待ちください。

最新情報

グリーンコープでは、食べてくれる赤ちゃんの笑顔を思い浮かべながら開発を進めています。

BabyGreenのテーマは
「100年続く ひと・もの・みどり」

「子どもに安全な離乳食をあげたい」「孫のために簡単にできる離乳食を贈りたい」など、これまでグリーンコープにはたくさんの離乳食を求める声が寄せられていました。そこで子育て応援プロジェクトの第一歩として取り組んだのが、有機・そして可能な限り無農薬・食品添加物無添加の「離乳食づくり」です。

商品化にするにあたり多くの壁がありましたが、ついに2024年8月に離乳食「大地からのおくりもの BabyGreen」がいよいよスタートします。開発の際にテーマに掲げた言葉は「100年続く ひと・もの・みどり」です。そして商品の軸となるコンセプトは「with Farmers」。これらの言葉には開発メンバーの様々な願いを込めています。

おいしさの印は 土つき 虫食い でこぼこ

パッケージで伝えたいのは、食材たちの、ありのままの美しさ。

世の中には多くの離乳食製品があります。そのパッケージの多くは、赤ちゃんのイラストや親しみのあるキャラクターが載っているものや、パステルカラーのポップで明るい雰囲気のものがほとんどです。しかし、グリーンコープの離乳食はちょっと違います。落ち着いたトーンのカラーでデザインされたパッケージには、虫食いの葉や少しいびつな形の野菜のイラストが。それは有機・そして可能な限り無農薬・食品添加物無添加の安心で安全な食材である証です。

fig.商品パッケージ検討図案
商品パッケージ検討図案

2024年8月登場予定商品

「大地からのおくりもの BabyGreen」シリーズ

「大地からのおくりもの BabyGreen」シリーズの主な特長。それは、可能な限り無農薬・食品添加物無添加で育てられた新鮮食材を重視し、あるがままの野菜の自然な美しさをイラストで表現。離乳食の内容が一目で分かる写真が掲載されています。さらに、パッケージは環境に配慮した包材を使用しているのはもちろんのこと、持ち運びやすさとおしゃれさを重視し、切り口やマチの設計に工夫が凝らされています。

赤ちゃんから大人まで幅広い年齢層にまで、家族全員が気兼ねなく利用できることを目指しています。

にんじんフレーク60g

北海道産にんじん100%の「にんじんフレーク」。水もしくは、ぬるま湯を混ぜるだけ、あっという間に裏ごし状態に。北の大地で逞しく育った野菜本来の美味しさが味わえます。

かぼちゃフレーク60g

北海道産カボチャ100%の無添加・無着色のフレーク。カボチャに含まれるベータカロチン(ビタミンA)・ビタミンE・鉄分などの栄養価はもちろん、風味も損なわずにフレークにしているので、甘みが強く、ホクホクとした味わいを楽しめます。

ブロッコリーファインパウダー

βカロテンやビタミンC、マグネシウム、カルシウムなど、多彩な栄養素が豊富なブロッコリーのファインパウダー。 通常食べられる部分、花蕾(からい)よりも栄養豊富という軸の部分までたっぷり使用しています。

冷凍宮崎県産こまつな(小さめカット)

宮崎県産の小松菜を細かくカットして冷凍しました。必要な分だけ使えるバラタイプなので、一回分の少量をすりつぶしたり、お好みの量だけ細かく刻んだり、月齢に合わせて離乳食づくりに気軽に取り入れることができます。

プロジェクトメンバーからのメッセージ

私自身、妊娠・出産を機に食に気を配るようになり、グリーンコープに加入しました。当時のグリーンコープには離乳食がなく、市販の離乳食に頼ることもありましたが、子どもの食べっぷりもイマイチで、食べ残しを食べてみても、おいしいとは思えませんでした。味覚を育てる大事な時期にこそ、農薬の心配のない、安心して与えられる素材を活かした離乳食が必要です。それはグリーンコープだからこそできることだという想いがずっとあり、今回の機会につながりました。素材がいいと野菜そのものの甘さや旨みを感じることができます。食べてくれる赤ちゃんの笑顔を思い浮かべながら開発を進めています。そしてまた、食べさせるお母さん、お父さん、おじいちゃん、おばあちゃんも味見して「こんなにおいしい離乳食なら食べてもらえるよね」と思ってもらえる離乳食が出来つつあると思いますので、販売された際にはぜひ一度試していただきたいです。

グリーンコープ生活協同組合ふくおか 離乳食開発プロジェクト委員長
𠮷次 真紀

with Farmers
-グリーンコープの産直青果生産者の想い-

動画再生